カメラの利用方法をご紹介します

全体の流れ

・カメラビューを開いてアイレベルを見ながらアングルを決定します
・パースの種類を選択してパラメータを調整します
icon

手順

1. 画面の左側にあるボタンかAlt+Cを押してカメラビューを開きます
icon

2. 手順1で押したボタンの右端をドラッグするとカメラビューの大きさが変更できます

3. 3Dビューと同様の操作でカメラビューの視点を調整します

4. パースタブをクリックします(デフォルトではリアルパースが選択されています)

5. [視野角][歪み][距離]を変更することで歪み具合を変更します

icon 矢印の部分をドラッグすると数値を簡単に変更することができます

視野角について

パースの設定項目の中にある[視野角]は絵の印象を変える非常に重要なパラメーターです
作品全体の雰囲気に関わってくる数値ですので吟味されることをお勧めします

主な特徴
・ゲームでは45~60がよく使われます
・イラストでは30以下で表現されることも多くデフォルメされた絵風であるほど値が低い傾向があります
・低い=望遠 高い=広角 と表現されることがあります
・一般のカメラで撮った画像は視野角が低めになります
・値を高くすると迫力のある構図になります

嘘パース

1. 嘘パース機能を使うには まず上記の手順に従ってパースタブを選択します

2. [リアルパース]を押して[嘘パース]に変更します

3. [強調部分をクリックして指定]をクリックした後 3Dビューで誇張表現したい部分の中心をクリックします

icon A 通常は変更の必要はありません(グラデーション開始位置)
B 強調範囲の大きさ
C 誇張部分の強さ(視野角を表すので値が小さいほど拡大されます)
D 通常部分の強さ

icon

詳細

カメラビューを大きく表示したい場合は大画面モード[Homeキー]を利用すると便利です (カメラビューを開いていない状態で大画面モードにすると3Dビューが拡大されます)
[←キー]を押すことで3Dビューのカメラ情報をカメラビューにコピーすることが出来ます
カメラビューのカメラには3Dビューには無い[ロール]という項目が追加されています
読み込んだ外部3Dモデルが綺麗に歪まない場合は長い辺の間に頂点を入れることで解決できます

その他のチュートリアル

ポーズの作成(手順) ポーズの作成(実践) 手を動かす モデル体型の変更 カメラの利用方法 外部モデルを読み込む ペイント機能