最新アップデートVer5.0公開情報!

2020年3月12日に最新バージョン5.2をリリースしました!新たに追加された様々な機能を是非ご確認ください

素早く簡単に体型を作成する新機能!

スケールタグに体型を大まかに調整できる簡易モードを実装しました

  • 2種類のコントローラが身体の左右に分けて配置されています
  • コントローラをドラッグすることで長さや太さを調整できます
  • ポージング後であっても直感的に体型を変更できます

より使いやすいスケールタグへ!

既存のスケールタグを詳細モードに移行し 扱いやすいUIに改良しました
簡易モードで大まかな体型を作成した後、詳細モードで調整を加えることで素早く理想の体型が得られます

  • ボーンをクリックすることで各ボーンを細かく調整できます
  • サークル上の点をドラッグすることで軸に沿って太さを変更できます
  • 全体の拡大縮小を行う場合は中心の点をドラッグしてください

新たな機能でカスタマイズの幅を広げる!

ボーンの根元と先端の太さをそれぞれ変更できる仕様にしました
これによりバランスを整えたり 徐々に細くなるような形状を作成することが可能となります

  • 詳細モードに新たに追加された機能です
  • ボーンの根元や先端に追加されたサークルコントローラをドラッグして調整します

さらに詳細なモデルの調整を!

根元と先端の太さが異なる場合、スケールの推移具合をベジェグラフで操作できるようにしました

  • 急に細くしたい場合や緩やかに太くしたい場合などに利用できます
  • スケールの状態はグラフの上部に表示されます

身長の変更機能をブラッシュアップ!

様々なニーズに対応できるよう身長の変更機能を細かく改良しました

  • 身長を%で変更する機能を追加しました
  • 実行時に最後の入力値ではなく現在の身長が表示されるように変更しました
  • より正確に身長を計測するように計算方法を見直しました
  • 環境設定で身長の単位(cmやinches等)を設定することでソフト内のすべての単位が統一されます
  • 実行後にモデルが自動的に接地するよう修正しました

直感的な操作で猿腕を表現!

自然な腕まわりを表現するため 肘を外向きに反らせる機能を追加しました

  • 手のコントローラを限界以上に離すことで肘が逆方向へ曲がります
  • 環境設定にて角度や向きを変更できます
  • 【環境設定】>【詳細設定】>【ポーズタグ】>【猿腕】>【コントローラの移動距離】を0にすることで猿腕機能をOffにできます

読み込みウィンドウの改良!

twdファイルを読み込む画面の操作性を向上させました

  • UIのレイアウトを切り替えボタンを追加しました
  • 一つ上のフォルダに移動するボタンを追加しました
  • 戻ると進むの状態を視認できるように修正しました
  • ライブラリモードにてタグを適用時メインウィンドウのアウトラインを点滅して通知するように修正しました
  • アイコンサイズが正常に記憶されなかった問題を修正しました

複数体をより扱いやすく!

モデルごとに色を設定する機能を追加しました
新たに追加された詳細ウィンドウから半透明表示、パーツ表示、カラー設定にアクセスできます

  • オブジェクトに表示に関する詳細ウィンドウを追加しました
  • カラーを設定しなかったモデルはエフェクトウィンドウのカラーが反映されます

ポージング速度の向上!

より素早いポージングを実現するため ポーズコントローラをダブルクリックすると複数のコントローラを自動選択する機能を追加しました

  • 腰のコントローラをダブルクリックすると上半身のコントローラをすべて自動選択します
  • 足のコントローラをダブルクリックすると両足と胸のコントローラを自動選択します 重心移動などに便利な機能です
  • この機能は環境設定でOnOffを切り替えられます

手の形状をカスタマイズ!

指の長さや太さを調整する機能を追加しました
身長に応じた指の長さを設定することで 完成度の高いモデルを作成できます

  • スライダーにより直感的に短時間でカスタマイズできます
  • 複数のパラメータを組み合わせることで様々な形状を作成できます
  • スケールタグのハンドモードに含まれる機能のため「体型の合成機能」を利用して複数の形状を合成できます

テキストボックスの強化!

テキストボックスの値を変更する際のストレスを限りなく減らす設計を行いました

  • 表示する大きさによって小サイズUIに切り替わります
  • タイトルや入力部分をドラッグすることで数値を変更できます
  • マウスホイールで数値を変更できます
  • 全角の数値に対応しました
  • ウィンドウのクリックにより入力を確定できるように修正しました
  • カーソルをクリックで移動できるように修正しました

インポートモデルに色を設定!

外部から読み込んだモデルに色を設定する機能を追加しました

  • オブジェクトではなくインポートタグごとに色が設定できます
  • ライトの影響を受けるライティングに切り替えられます
  • カラーを設定しなかったモデルは環境設定で指定したカラーが反映されます

認識しやすいコントローラ!

ポーズコントローラの前後関係を認識しやすいよう ドラッグ中に背骨や腕の補助線を表示する機能を実装しました

  • この機能は環境設定でOnOffを切り替えられます
  • ポーズコントローラのアイコンを変更しました

左右を反転して描写!

2Dソフトではお馴染みの左右を反転して表示する機能を実装しました
ポーズのバランスを確認する際にご利用ください

  • Mキーを押している時だけ左右が反転します
  • 反転処理はカメラビューにも適用されます

画像の書き出し機能を一新!

ご要望が多かった画像書き出し機能の強化を行いました
3D解像度を指定することで モニターサイズに依存せず大きな画像を書き出すことが可能となりました

  • 画像書き出し専用のUIを用意しました
  • 背景を透過する機能を追加しました (.pngのみ)
  • 書き出しサイズや3D解像度を指定できます
  • 画像をフィットさせる機能を追加しました
  • 書き出しサイズによってエラーが発生していた問題を修正しました

ポジションタグの改善

操作性を改善するためポジションコントローラに修正を加えました

  • 常にコントローラをモデルの中心に固定する機能を追加しました
  • 見る角度によってコントローラがクリックしやすい形状に変化します
  • 上部コントローラをモデルの高さに合わせて表示するように修正しました

デフォルトモデルの変更!

ソフトウェア起動時に表示されるデフォルトモデルの体型を変更しました

  • デフォルト体型とポーズを変更しました
  • 環境設定にて旧モデルに切り替えられます

アイコンまわりの修正!

アイコンまわりをより直感的に扱えるよう修正しました

  • 切り替えアイコンを詳細モードと簡易モードのアイコンに分離しました
  • すべての環境でアイコンが綺麗に表示されるように修正しました

ショートカット設定の変更

コマンド名 変更前 変更後
画像の書き出し なし Shift+S
選択オブジェクトを保存 Alt+S Ctrl+Alt+S
シルエットモードの切替 S Alt+S
マスクの縦横比を反転 なし Alt+I

細かい修正や追加

レイアウトを初期化する機能を追加
設定画面のレスポンスを最適化
ショートカットの設定項目の組み合わせにCtrl+Altを追加
顔の可動域を変更
環境設定に多重起動の可否を設定する項目を追加
環境設定のUIとレイアウトを変更
ペンタブ、液晶タブレットで操作ができるように修正
UIの大きさやバランスを自動調整するように修正
起動中にエラーが発生した場合、対策方法を記載したページに移動するように修正
ドールのアトリエのサイト全体をSSLに対応
ドールのアトリエの接続方法をSSLに対応
上書き保存時にフォルダの有無を確認するように修正
保存済みのファイルを編集中に「名前を付けて保存」を行った場合はに「名称未設定」ではなく現在のファイル名が表示されるように修正
カメラビューの選択カメラを保存するように修正
新規モデルを追加時 高さを地面に合わせるように修正
ディレクショナルライトについて以下を修正
 ・右クリックメニューにライトをロックする機能を追加
 ・右クリックメニューにライトをリセットする機能を追加
 ・ソフトの終了時のライト情報を記憶するように変更
 ・UIからライト位置を算出する際に線形から球面線形を用いる計算方法に変更
 ・右クリックメニューが一部のUI上でしか出現しなかったバグを修正
 ・画面外からのドラッグ判定のバグを修正
オブジェクトリストにコンテキストメニューを追加
SoftwareIDを自動で生成するように修正(確認方法をヘルプ>バージョン情報に移動)
エフェクトウィンドウにシルエットモードを追加
シルエットモードの状態を記憶するように修正
コンボボックスのアイテム表示を高速化
ボックスの選択色、非選択色をボックスの基本色から派生するように修正
視野角の初期値を28から26に変更
LAAオプションをONに変更
コードサイニング証明書を変更

不具合の修正

スケッチタグの貫通ペイントをOFFにした状態でカメラビューを開くと正常にペイントできなくなる不具合を修正
画像の保存時に背景画像が描写されない不具合を修正
フットライブラリのアイコンサイズが記憶されないバグを修正
背景色が明るいとプレビューアイコンのファイル名が見にくかった問題を修正
Altを利用したショートカットキーを設定すると実行時にBeep音が鳴ってしまう問題を修正
ボックスオブジェクトにポジションタグを追加した際にマニピュレータが見にくかった問題を修正
カメラビューを小さくしたときにレイアウトが崩れる問題を修正
スクロール状態によってUIが崩れていた問題を修正
複数モニタを利用した際にウィンドウ位置が正常に記憶できなかったバグを修正
モーフィングを変更した際にスケールを変更しないと身長が更新されないバグを修正
解像度によって正しく画像が書き出せなかった問題を修正
ポーズの左右反転で背骨のチェックを外しても腰のひねりに関する内部情報を反転していたバグを修正
スライダーのドラッグ判定のバグを修正
モーフィングタグで一部の法線が正しくブレンドされずノイズが出ていたバグを修正
モーフィングスライダーの値が小数点の場合ドラッグ開始時の値が記憶されず0に戻ってしまうバグを修正
タグの削除をアンドゥした際プロパティが非表示になるバグ修正
新規作成時にボーン表示が残るバグの修正
左右非対称になったモデルに対してスケールツールで左右対称をONにしても正しく対称にならないバグを修正
法線計算が正常にできないためスケール値によっては綺麗に描写されなかったバグを修正
ペンを利用の際すぐにツールチップが消えてしまうバグを修正(環境設定にツールチップを表示する許容距離の項目を追加)
環境によって起動時にエラーが発生するバグを修正
ツールやカメラのドラッグ中にオブジェクトリストやアイコン上でマウスを離すとアンドゥが正常に作成されなかったバグを修正

その他

Ver5.0へのアップデートは無料で行えます(旧バージョンのライセンスもそのままお使い頂けます)
アップデートはインストーラーを実行するか、デザインドールを二回起動することで自動アップデートがスタートします
また、アンインストール画面からClickOnceの機能を用いることでアップデート後に旧バージョンに戻すことも可能です

※お使いのバージョンによってはアップデート時にライセンス情報がリセットされる場合があります
 上記の場合 お手数ですが再度ライセンスの登録をお願いいたします


今すぐダウンロード

次世代デッサン人形「デザインドール」を是非お試し下さい

デザインドールは Click Once により簡単にインストールや自動更新が可能です

今すぐダウンロード